ブログ一覧

排水管の工事

住んでいるマンションが全戸排水管を総取り替えする工事中です。5月中旬から始まって、1ヶ月が過ぎようとしています。住民は生活をしながらの作業で、工事期間中は排水制限があったり、トイレが使えない日があったり、トイレの壁に大きな穴があったりと、ストレスが溜まる日が続いています。2Fの事務所は1Fが病院のために工事の予定日が大幅にずれて足の踏み場もない状態です。この工事が完了すればこの先30年も40年も安心して住めるといわれても、私としては早く2Fのゴミ屋敷(?)状態を解消したいのですが・・・ネ。

2017年06月12日

ジョイントの興奮が続いています

春のアルペジオとジョイント・コンサートの映像や写真データを整理・確認していると、それぞれのシーンが甦って見入り聴き入ってしまい、整理どころではありません。イスマエルからとても満足のいく仕事が出来たとメールが届いています。私たちも同じく!です。
今回はGWに行ったためご来場いただけなかった方々のために早い機会にコンサートを企画したいですね。そのときは是非お出かけください。

2017年05月30日

パラグアイ独立記念日パーティー

昨日、パレスホテル東京・葵の間で盛大に執り行われました。大統領やパラグアイ政府要人の歓迎式典では演奏アトラクションを一手に任されますので、昨日も歌田みゆき、塩満友紀、高橋美智子、深尾仁美そしてエンリケyありさで特別グループを組んでパラグアイの伝統楽器アルパをしっかりアピールしてきました。参列者の中には懐かしい顔がいっぱい、とても楽しいパーティーでした。

2017年05月16日

イスマエルは大・大・大好評でした

「春のアルペジオ」が終わって、すでに一週間以上が経つというのに報告をしていませんでした。今年の「春のアルペジオ」はイスマエル人気もあって開幕を前にしてチケットが完売するという異常(?)な事態に。まだ大丈夫だろうと申し込みが遅れた方たちから「どんな席でもいいからキャンセル待ちします」と泣きつかれ、その調整は前日まで及びました。ゲスト人気もあるでしょうが、春のアルペジオの開催を毎年待っているファンがいることも確かです。チケットは完売です、と言えるよう私たち一同、来年も頑張ります。
イスマエルは帰国早々ツアーで忙しかったようでしたが、日本での充実したコンサート・ツアーのことをアップしているようです。

2017年05月16日

ジョイント・コンサート 千葉&東京

イスマエルとのジョイント・コンサートは10年ぶりになります。イスマエルの世界を違う角度から味わってもらおうと千葉では反響板で響くナチュラル・サウンドで、東京の会場ではマイクを使ってイスマエルの世界を表現してみました。正直言ってイスマエルの繊細なタッチに甲乙を付けるのは難しかったです。どちらの会場にも多くのアルパ奏者が駆け付けて終演後のロビーはイスマエルとのツーショット撮影会場に早変わりしていました。
ナチュラル・サウンドといえば、今回、八幡平の温泉へ行く前に立ち寄った盛岡・岩手県公会堂の会議室での音響には驚きました。生の音なのにまるでマイクを使っているかのような響きにイスマエルは感激していました。

2017年05月05日

イスマエル 浅草へ

今日は一日オフ。雷門、大きな提灯、仲見世・・・。中でも音楽関係者が詣でる神社には興味津々の様子でした。明日からはリハーサルが開始です。ご利益がありますよう。

2017年04月26日

イスマエル来日!

無事到着しました。ところが出迎えに行くために乗車した京急が人身事故のために品川で運行見合わせになってしまい、急遽、モノレールで行くことに。羽田へ行く人はほとんどが京急から路線変更するので浜松町の乗換口は長蛇の列なりました。家を出る前に便の到着予定時刻を調べると30分早まっていることが分かり、通関にかかりそうな時間の余裕をもって出かけたのにとんだトラブルに巻き込まれました。それでもイスマエルが出てくるときには間に合いました。ホテルに送り届けて夕食前にまずビールで乾杯。楽しみにしていた日本のビールが喉を潤すときの嬉しそうな顔を見ると、昼間のトラブルは忘れてしまいました。

2017年04月25日

今年3度目の花見はイスマエルと一緒?

東京の開花宣言はちょっと早すぎましたね。毎年やっていることなので4月最初の日曜日に新宿御苑のいつもの場所に集まりました。当日は薄曇りで時折雲間から日が射して絶好のお花見日和だったのですが桜はまだまだでした。16日(土)に恒例になっているロビーコンサートで仙台へ出かけました。仙台は満開!院長先生も満開の桜の下でのコンサートを満喫されていました。2日後に来日するイスマエルを連れてGWに八幡平へ。また桜を楽しめると嬉しいです。

2017年04月23日

イスマエルを連れて温泉へ

ゴールデンウイークという日本では移動するのが困難なときにイスマエルを温泉に連れて行くことにしました。八幡平にある峡雲荘という古くからある硫黄泉で有名な宿です。宿の女将さんは以前からわたしのファンでしたので無理して頂いて部屋を確保。でもこの時期に新幹線の予約は至難の業ですがなんとかクリアーしました。イスマエルの曲にEl vagabundo という曲があります。訳すと彷徨う人。彼のCDのジャケットにアルパを持って歩く写真がよく使われています。彷徨う人=これでいこう!アルパを持って2泊3日の温泉三昧です。新幹線の下車駅、盛岡では気取らないで聴けるミニライブを企画してみました。      詳細は019-651-0840(木村)まで。この温泉ツアーには東京からの追っかけ人もいます。

2017年04月19日

戻りました~!

2週間の南米旅行から今戻りました。初めて訪れたフランス領のギアナ、スリナム、ガイアナ、そしてコロンビア(カルタヘナ、メデジン、ボゴタ)の旅を満喫してきました。52年前にブラジル丸で寄港したカルタヘナはとっても懐かしく、ボゴタでは多くのアルパ・ジャネーラの奏者たちと会うことが出来ました。

ボゴタの滞在は僅か2日間だったので来年あたりゆっくりアルパを聴きに行きたいと思います。明日から「春のアルペジオ」にモードを切り替えて頑張ります。

2017年03月14日

ルシアから 第四報

ボゴタからでした。これが最後の報告になりそうですが、コロンビアに来てよかったようでした。報告ではこの日の市内観光とは別行動にしてもらって、イスマエルから紹介されたボゴタに住む女性アルパ奏者シンディ・ガルソンさんに会うことにしているとか。コロンビア最後の日は音楽に浸れることを期待していますヨ。(留守番記)

2017年03月12日

ルシアから 第三報届く

天気が良くなくて、な~んにもない所。これでセスナ機に乗って密林の中にある滝を観光するときも天気が悪かったら運がなかったと思えばいいと半ば諦めていたそうですが、すっかり晴れて大満足だったようです。(留守番記)

2017年03月08日

ルシアから 第二報届く

仏領ギアナからスリナムを抜けてガイアナに着きましたが、3か国移動しているのに相変わらず、な~んにもない所だそうです。天気も曇りときどき雨、残念ながらカリブ海の青い空と白い雲はまだ拝んでいないとのこと。これまでに印象に残ったのは映画「パピヨン」の舞台になったカリブ海に浮かぶ別名「監獄島」だけなので、明日小型飛行機で行くジャングルの中の滝見物に期待したい!(留守番記)

2017年03月07日

留守番 盛り上がる

昨日、留守係は中学39年卒「39会」の3月の集まりに出かけてきました。参加者から「ルシアさん、元気?」と訊かれて、今カリブ海に面した小国へ行っていると答えると彼は企画した代理店に興味を持ったようで、T社の企画だと言うと「やっぱり」。彼は同じ代理店が企画するツアーでキューバへ行った話を熱く語りだし「あそこの企画はありがちな土産物店巡りでないのがいい」。ルシアから届いた仏領ギアナからの第一報「な~んにもない所」。ルシアは盛り下がって(?)いるようだけど、たまには、のんびりした旅もいいでしょう。

2017年03月05日

ルシア、コロンビアへ行く

幼い頃に船で少しだけ立ち寄ったことがあるコロンビアの港、カルタヘナ。石造りの城塞が印象に残っている程度なのでルシアにとってコロンビアは未開の地。出発前、これから来日するイスマエルや以前来日したエドマー・カスタネーダにメールすると、ボゴタへ行ったらこの人に会うようにとたくさんの連絡先が届きました。今回はツアーで行くのでそんな時間があるのかどうかわかりませんが、カリブ海に面した国は音楽の宝庫です。戻ったら楽しい話が聞けそうです。(留守番記)

2017年03月02日

2017年パラグアイフェスティバル新年会

きのうパラグアイフェスティバルの新年会が、JICA市ヶ谷ビル2FのJ's cafe で行われました。2月に入ってからの新年会?ちょっと遅いねと思いましたが、会場には懐かしい顔があり、私の演奏をパラグアイで聴いたことがありますよと挨拶にきた人もいて楽しい会になりました。その後は近くの居酒屋で、遅くまで話題は尽きませんでした。

2017年02月12日

イスマエル

10年ぶりに来日するイスマエル・レデスマ。演奏活動35周年の今年、日本でコンサートができることをとても楽しみにしているとメールが届いています。私も一緒にコンサートをできることが楽しみです。DMでチラシが届いた方から、チケットの申し込みが入りだしました。GW期間になりますが、絶対オススメ。どこかでイスマエルの演奏を心行くまで楽しんでください。※詳細は「コンサート&ライブ」のページをご覧ください。

2017年02月04日

ホームページ リニューアル

長い間、更新されていなかったホームページ。どうしたのだろうと思われていた方も多かったことでしょう。まだこれからですが、「情報はタイムリーに」をモットーに送り続けますので、ときどきご覧ください。

2017年02月02日